« 延命治療と安楽死 | トップページ | オメガ3脂肪酸と糖尿病 »

2012年12月20日 (木)

延命治療の意思表示

延命治療というのは、途中で中止が認められるケースは非常に少なく、それは意思表示が大きなカギを握っています。
例えば、 耐え難い肉体的苦痛があったり、死期が確実に迫っているような場合は、延命治療の中止ができますが、そこには意思表示が必要になります。
そして、肉体的苦痛を除去するための緩和措置を尽くし、他に代替手段がないなどの場合も、延命治療は中止できます。
いずれにせよ、延命治療をしない場合は、生命の短縮を承諾するという、患者の意思表示が求められます。
患者の意思表示が、延命治療中止の決定事項に大きく関わってきますが、それが出来ない場合は、家族の意思表示でも事足りると容認されています。
死期が迫ると延命治療の措置が当然のように行われますが、実は、希望しない人の方が現実には多いのです。
確かに延命治療というのは、生きながらえるだけというイメージもあるのですが、大半の人が望んでいないというのは、ある種の驚きを隠せません。

延命治療は、全国の調査でも、希望しない人がなんと8割に達していて、これは意外な結果と言わざるを得ません。
そして、延命治療を避けるため、多くの人が、意思表示カードを望んでいることも、調査からわかっています。
実際、意志表示カード作成を検討しているところもあり、今後は、延命治療を進めるかどうかは、本人が意思表示で示すことになるかもしれません。
いずれらにせよ、治る見込みがない延命治療を続けるくらいなら、自らの意思表示で、延命治療を断つほうがいいかもしれません。
それにより、家族も延命治療にかかる大きな費用負担のプレッシャーから解放されます。
男女共に、病気が治る見込みがなくて死期が迫っている場合は、ほとんどの人が延命治療を希望していないので、意志表示カードは全国的に普及すべきでしょう。
今後は、積極的に意思表示カードの案を具体的に進めていって、延命治療の問題を少しでも軽くすべきです。

延命治療を希望しないという国民が多い以上、後は家族に任せるか、意思表示カードに委ねるのが一番ということになります。
延命治療に関しては、全国各地で、今、意志表示カードが議論されていて、多くの高齢者から、検討が必要との声が上がっています。
そして、意思表示カードと共に、延命治療の実施については、家族に委ねるという方針も押し進めていくべきでしょう。
治療方針を家族の意思に委ねるというのは、当然、本人も悪い気はしないでしょうから、延命治療の問題は、意志表示カードと共にこれをもって解決できる可能性があります。
患者本人に意思能力がない場合などは、延命治療をするかどうかは、家族に委ねるのがベストです。
家族が延命治療の意思決定をするのは、家族は、本人の意思表示を一番、よく知っているからです。

« 延命治療と安楽死 | トップページ | オメガ3脂肪酸と糖尿病 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1525890/48396805

この記事へのトラックバック一覧です: 延命治療の意思表示:

« 延命治療と安楽死 | トップページ | オメガ3脂肪酸と糖尿病 »

スポンサードリンク

無料ブログはココログ