« 延命治療にかかる費用 | トップページ | 延命治療の問題点 »

2012年12月15日 (土)

延命治療の定義

延命治療というと、命を少しでも長らえるために行う措置になりますが、実際に定義というと、中々、難しい問題があります。
治療ができない状態になることが、延命治療に結び付くのか、というと、その定義は曖昧です。
また、年齢的に手術をするのが難しい癌患者が行う治療行為が延命治療かというと、それについても、決まった定義というのはありません。
基本的な延命治療の定義は、患者が治癒不可能な病気になった際、回復の見込みがない人に対して行う行為のことを指します。
つまり、死が避けられないような状態になった時、薬物投与や化学療法、人工透析、人工呼吸器などで、延命治療を実施します。
延命する行為そのものが、延命治療に当たるので、その範囲は広く、定義づけるのは非常に難しいと言えます。
手術をしないのは仕方がないとしても、その後の処置を延命治療として受け止めるというのは、これは中々、難しい問題で、いかにも定義が曖昧なことを露呈しています。

延命治療は、患者が年齢的、身体的に手術を受けられない状態の時にもすることがあるので、簡単には定義できないのです。
厚生労働省も、延命治療の定義については、はっきりとした明解な回答は出し得ていない状況です。
つまり、延命治療に対する定義や治療については、しっかりとした基準が定まっていないのです。
そうした中、医療の現場では、延命治療の定義が明確でないことから、少し苛立ちを見せる医師もいます。
これはもちろん、最善の医療を行うための延命治療の定義であって、法的にとがめられるようなものではありません。
全脳機能不全に陥った場合や、治療を継続しても死亡することが予測されるような場合には、延命治療はあまり意味がありません。
そのためにも、延命治療の定義はしっかりと定める必要があり、途中で中止するという案も考慮する必要があります。

延命治療は、見込みがないと判断した場合は、人工透析や血液浄化などを行わないということも大切です。
また、延命治療で効果が得られない場合は、水分や栄養の補給を制限するという手もあります。
ただ、日本では、薬物投与で死を迎えさせるような安楽死は認められていないので、延命治療の中止というのは容易ではありません。
延命治療の定義がない今、中止は、患者本人の意思の確認、もしくは、家族の意向に従うしかないのです。
そして、家族が判断できない場合は、延命治療の中止は、現場の医療療チームが判断するしかありません。
いまだ延命治療の定義が曖昧であることから、日本救急医学会では、法曹、倫理、宗教関係者から寄せられた意見を募って、検討案を練っています。

« 延命治療にかかる費用 | トップページ | 延命治療の問題点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1525890/48332453

この記事へのトラックバック一覧です: 延命治療の定義:

« 延命治療にかかる費用 | トップページ | 延命治療の問題点 »

スポンサードリンク

無料ブログはココログ