« 雑穀米の価格 | トップページ

2013年2月13日 (水)

子宮頸癌予防のワクチン

子宮頸癌は、数ある癌の中で唯一予防出来る癌、それもワクチン接種によって予防出来る癌なのです。
何故なら、子宮頸癌は、インフルエンザと同じで、ウイルスによる感染症だからなんですね。
そこで、インフルエンザを予防するように、前以てワクチンを注入する事で、そのリスクを大幅に軽減出来るという事になるのです。
因みに、子宮頸癌のワクチン接種は3回受けるのが理想で、その費用は4万円から5万円位だと言われています。
げ〜、そんなに高いの!っと思われるカモ知れませんが、たった5万円で、愛する我が子、そして、生まれて来るであろう可愛い孫の命が守れるのです。
それを考えると、子宮頸癌のワクチン接種は、決して高価なものではないでしょう。
子宮頸癌は今やもう、早期発見による早期治療で治す病気ではなく、ワクチン接種によって予防する病気なのです。

子宮頸癌になって、子宮を摘出する事になれば、妊娠・出産という希望が失われてしまいます。
現実に今、若くして子宮癌を発症し、子宮とともに母になるチャンスを失う女性が急増しているんですね。
そう、子宮頸癌予防のワクチンには、我が子の命プラス孫の命も掛かっているのです。
とは言え、多くの先進国が国家予算で予防接種を実施しているのに対し、日本はかなり遅れています。
そもそも、この子宮頸癌の予防ワクチンが認可されたのすら2009年からで、未だ自己負担という現実を抱えているのです。
ただ、自治体によっては、小学校高学年の女児を対象に、助成金制度を設けているところもあるので、一度調べてみられるといいでしょう。
また、子宮頸癌のワクチン接種の受けられる婦人科自体、まだ限られているので、それも同時に調べられるといいと思いますよ。

子宮頸癌のワクチン接種は、10代の前半に受けるのが理想だと言われています。
何故なら、子宮頸癌はたった一度の性交渉でもリスクを背負う事になるからです。
因みに、原因となるウイルスはHPVというごくごくありふれたウイルスで、それが子宮頸部の粘膜に感染し、癌化するまでには10年以上掛かると見られています。
特に最近は初体験が早くなっているため、若くしてHPVに感染し、若くして子宮頸癌を発症する女性が増えているんですね。
勿論、うちの子は大丈夫と思いたい親心は分かりますが、不慮の事件や事故に巻き込まれる可能性もあります。
なので、詳しい情報を一度関連のブログやサイトでじっくり調べ、小学生の間に子宮頸癌のワクチン接種を受けられる事をお勧めしたいですね。

« 雑穀米の価格 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1525890/49376128

この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸癌予防のワクチン:

« 雑穀米の価格 | トップページ

スポンサードリンク

無料ブログはココログ